ムーモは毛が残る?

最短5分で除毛でき、肌にやさしいことから女性に人気のムーモ(moomo)。

 

そんなムーモですが、ムーモは毛が残る?などが気なる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで疑問を解決するべく、ムーモを実際に購入し、除毛して検証しました。

 

ムーモは毛が残るって本当?

 

ムーモを使って毛が残る方の多くは、クリームを塗ってから洗い流すまでの時間が短かった人です。

 

ムーモは公式サイトに書かれているように「最短5分」で除毛可能ですが、毛の量や太さによっては長めに時間を置く必要があります。

 

もし、ムーモを使ってみて毛が残るようなら洗い流すまでの時間を調節してみましょう。

 

 

ムーモ(moomo)ってどんな除毛クリーム?

 

気温が上がり、薄着で素肌を見せる機会が増えてきます。
気になるのは、わき毛・すね毛・産毛。
全部キレイに除毛して、つるつるの素肌にしたいですよね。
リーズナブルな価格で、自宅で好きな時間に、除毛できるのが「ムーモ」。
「エステ並の除毛ができる!」とのクチコミもあるくらいです。

 

ムーモは、塗る→時間を置く→洗い流すといった、3ステップで除毛。除毛が初めてという方でも、簡単に除毛できます。しかも、塗った後に最短5分置いて、塗ったムーモを拭いて、洗い流すだけ。
男性の剛毛でもすっきりとしたすべすべ肌に!!

 

「除毛クリームって、あの独特のツーンとした匂いがありそう……」と、思われるかもしれませんが、ムーモはさわやかなラベンダーの香り。
また、高級保湿成分シアバター配合なので、乾燥を防ぎつつ、除毛後もしっかりと素肌をケアできます。

 

 

 

 

 

ムーモの良い口コミと悪い口コミ

ムーモの気になる口コミを紹介します。
ムーモの良い口コミ

仕上がりが綺麗で、クリームを取る時に毛が無くなっているところが快感ではあります。

 

ムーモの悪い口コミ

ムーモの悪い口コミ

剛毛過ぎるときちんと除毛できない場合がある事と、肌が荒れたりすることもあるので敏感肌の方は使用する時に注意しなければならないです。

 

ムーモの良い口コミ

 

ムーモの除毛効果は嘘など悪い口コミがある3つの理由

 

使用するときに肌や毛が汚れていた

ムーモを塗る前の素肌に、日焼け止めやボディクリームなどが塗ってあると、肌トラブルや脱毛効果が下がる原因になります。
あらかじめ、シャワーで汚れやクリームなどをキレイに洗い流して、肌を乾燥させた状態にしてから、ムーモを塗りましょう。

 

 

洗い流すまでの時間が短い

ムーモを塗った後「最短5分置く」とはいえ、塗ったムーモを拭き取り、洗い流すまでの時間が極端に短いと、除毛効果が発揮されない場合があります。
ムーモを塗った後は、5分は待ちましょう。

 

 

使用量が少ない

「高いし、もったいないから……」と、素肌に塗るムーモを少量にしてしまうと、除毛効果は下がってしまい、再度塗り直すことになります。
適量のムーモを塗ることで、脱毛効果を上げてくれます。
除毛成分で負担のかかった肌には、ムーモに含まれる美容成分がしっかりカバー。除毛後は、つるつるの素肌に。

 

 

 

ムーモの主要成分

 

チオグリコール酸カルシウム

毛を構成している成分である、硬ケラチン(たんぱく質)を分解する成分が、チオグリコール酸カルシウム。このチオグリコール酸カルシウムは、医薬部外品として指定されている成分で、安全性は高いとされています。しかし、肌の弱い方が使用すると、かゆみや痛みを感じたり、肌が赤くなることがあります。

 

また、チオグリコール酸カルシウムのたんぱく質を分解するという性質から、「もしかして、皮膚まで溶かしているの?」と誤解されることもありますが、ムーモに含まれているチオグリコール酸カルシウムは、毛を構成している硬ケラチンにだけ反応しているので、皮膚を溶かす心配はありません。

 

 

シア脂(シアバター)

シア脂(シアバター)は植物由来の成分で、保湿クリームにも配合されている、安全性の高い成分で、アレルギーが起きたという報告もありません。
その安全性の高さから、敏感肌用の化粧品に配合されていますし、高純度・高品質なシア脂(シアバター)は、赤ちゃんに使っても問題ないとされています。

 

 

水酸化ナトリウム

水酸化ナトリウムは、肌や毛をやわらかくする効果があり、チオグリコール酸カルシウムの働きを高めてくれます。
水酸化ナトリウムは、そのまま使うと非常に危険な成分ですが、ムーモに配合しているものは、中和させてあり、肌に刺激のない安全なものです。

 

 

 

ムーモにはどんな効果があるの?

 

除毛効果

チオグリコール酸カルシウムは、医薬部外品指定です。また、厚生労働省が除毛の効果を認めた成分で、その効果は抜群!
ムーモならば、憧れのすべすべ素肌になれます。

 

 

保湿効果

ムーモには、保湿効果の高いシア脂(シアバター)を配合。
肌に負担のかかる除毛クリームの中でも、しっかり保湿して、きちんとカバーしてくれるので安心です。

 

 

ラベンダーの香りによるリラックス効果

「除毛クリーム特有のツーンとした匂いが苦手」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、ムーモはラベンダーの香り。その香りに癒されながら除毛できます。

 

 

 

ムーモの使い方

 

初めてでもわかりやすい!
簡単3STEP!

 

※ムーモを使用する前には、あらかじめ肌をキレイで乾燥した状態にしておきます。
(日焼け止め・ボディクリームなど、肌にクリームに乗った状態では除毛効果が下がります)

 

@除毛したい部分に、適量のクリームをムラなくしっかり塗ります。
Aクリームを塗り終えたら、そのまま5分放置します。
B5分後、ティッシュでクリームをふき取ります。
Cクリームを全部ふき取ったら、シャワーで洗い流してください。

 

ムーモを使って除毛してみた

 

 

まずはムーモを使う前の足の状態です。

 

まったく手入れしていない状態なので毛がボサボサに生えてます。

 

やはり見た目的に清潔感がないですね。

 

 

 

ジャワーで毛や肌をキレイな状態にしてムーモを塗ります。

 

低刺激タイプなので肌に塗り伸ばしても刺激やピリピリ感がなく、イヤな香りもありません。

 

塗るときにヘラを使う人もいるようですが、なくても特に不自由しませんでした。

 

 

 

10分くらい経つと、毛が縮んだような状態になってきます。

 

クリームをティッシュなどを使い拭き取ると、毛がスルスル取れるので楽しいです。

 

最後にシャワーで洗い流すとムダ毛ゼロのツルツルになりました!

 

 

 

 

ムーモで除毛できる部位は?

気になる部分に、幅広く使えます。
(うなじ、ワキ、胸、お腹、背中、腕、手の甲・指、膝、脚、足の指など)

 

 

 

ムーモでVIOラインは除毛できない?

 

使用上、問題はありません。
しかし、デリケートな部分は肌もデリケート。VIO専用の除毛クリームを使うことをお勧めします。
※VIOラインの除毛は、自己責任でお願いいたします。

 

また、肌が弱い方や、使用に心配のある方は、あらかじめパッチテストを行ってください。
※パッチテストとは、脱毛クリームを少量(10円玉ほどの大きさ)を手に取り、目立たなく、かつ除毛したい部分に塗って、5分待ちましょう。5分後に除毛クリームをふき取った後、シャワーで洗い流します。

 

使用後の肌に、かゆみ・腫れ・痛み等の異常が起きた場合は、すぐに使用をやめてください。
かゆみ・腫れ・痛み等の症状が重い時は、直ちに近くの医療機関に相談してください。

 

 

 

ムーモを使うときの注意点

 

顔には使用しないこと

顔の皮膚は、デリケートで敏感です。
化粧品を使いますし、紫外線の影響を受けやすいため、日頃から肌に負担がかかっています。
ムーモは、さらに負担をかけてしまうので、使用しないでください。

 

 

ムラにならないように塗ること

ムーモを除毛したい部分に、ムラなくしっかり塗ることで、効果がはっきりと現れます。

 

洗い流すときにゴシゴシ擦らない

ムーモには、美容成分が入っていますが、肌に負担がかかっています。
そのため、シャワーで洗い流すときには、強く擦らないようにしてください。

 

 

 

ムーモはどこで買える?

 

ムーモは、公式サイトのネット通販で買えます。
量販店やドラッグストアなどでは、売っておりません。

 

 

ムーモは楽天やアマゾンで買うと安い?

 

公式サイトのムーモの価格は、初回1,058円、二回目以降4,990円です。
楽天やアマゾンでも、ムーモを扱っているようですが、割高になってしまいます。
そのため、公式サイトでのご購入をお勧めいたします。

 

 

口コミの毛が残るを調査するために、脱毛自分編集部がムーモで腕毛除毛体験をしてみます。それも間違いではないんですけど、『夏は薄着でエンジョイしたい。ムーモはクリーム毛が残るなので簡単で伸びが良いのですが、カミソリムラができるため、用意しておいたスパチュラを使って伸ばしました。今後楽天でもムーモの異変が始まるかもしれませんが、公式通販のようなお得な人肌はないです。ムーモでは肌荒れすることが赤く、ようやく自分に合うものが見つかったと感じています。ムーモはラベンダーを投稿させる紫色のパッケージで、商品と一緒に使用方法などが書かれているペースが届きます。冬は厚着できるし『ムダ毛の処理は大きくなってからでいいや』という人も黒くないと思います。パッチ刺激をしなかったせいか、ピリピリする感じがしたので数回で止めることになったし、コスパが悪いです。肌が敏感な私でも全然ヒリヒリしませんでしたし、ラベンダーの匂いも気に入っています。また、メルカリを代表とするフリマアプリでも、肌ケア商品って購入できるんですが、私が見た時点ではムーモ除毛クリームはありませんでした。除毛届けも強力だったので使用処理後の数回で自然にはなったんですが1週間くらいで生えてくる。ジョーモ(JOOMO)は、除毛スプレーであり毛が残る毛を除去するための商品です。またイソフラボンは理由ホルモンに似た働きを持ち、発毛やエステ腺の活動を抑えるほか、健康的に肌を保つ効果にも期待できます。トクトクコースには「1本トクトクコース」と「2+1本トクトクコース」があり、それぞれ料金が14840円(税別/送料込)、29680円(税別/送料込)となっています。特に気になる除毛成分(毛を溶解させるムダ、ということですね)というは「チオグリコール酸カルシウム」がムーモ除毛クリームには入っています。ムーモの場合は、ダメージの宣伝だけでは飽き足らず、街頭ビジョンでも宣伝されていたようです。ムダ毛が気になる場所に毛が埋まるくらいチラホラとクリームを塗ります。ムーモは除毛クリームであり塗る事で、ムダ毛を除去するツルとなります。途中でサボったりしてもムダが出ない要因になってしまうので、週2回など同封期間を決めて脱毛してみることがオススメです。大豆エキスに含まれるイソフラボンが除毛だけでなく、抑毛にも働きかけます。パッチチンをしなかったせいか、ピリピリする感じがしたので数回で止めることになったし、コスパが悪いです。肌がぬれた状態だと、多く除毛効果を得られない場合があります。使用効果や用量を守れば、安心公式にmoomoムーモを使うことができます。

 

 

関連リンク